Skip to content

海外オープンイノベーション支援

日本企業を取り巻く競争が厳しさを増す中、自社のリソースのみで、新たな顧客及び株主の価値を生み出すイノベーションを起こすことはもはや困難であり、世界中に広がるリソースを活用するオープンイノベーションは、企業にとって必須の戦略になっています。

イントラリンクは長年、各国に特化している現地スタッフの活動で、欧米の最先端技術を持つ(ベンチャー)企業と、日本の大企業の事業提携に貢献してきました。また、欧州を拠点とする専用テクノロジースカウティング部隊を活用して、クライアント企業のオープンイノベーション戦略に沿ったベンチャー企業、成功事例などのテクノロジー調査、海外の最先端技術、ビジネスマッチングなどの支援を提供しています。調査対象分野は様々ですが、新規マテリアル、人工知能(深層学習中心)、仮想通貨、ブロックチェーン、IoT、ウエアラブル、デジタルヘルスケア、ビッグデータなど、将来性の高い技術を強みとしています。

海外オープンイノベーション支援

テクノロジースカウティング

本サービスは、クライアント企業のオープンイノベーション戦略に適した海外の有望なベンチャー企業を探し出し、適性と実効性を確認しながら事業内容を調査し、クライアント企業に紹介をしています。その後、クライアントが選考した企業と、協業に向けた情報交換、 概念実証 (PoC)、商談などの活動を現地で支援します。

プロセス

  1. 初期コンサル
  2. 探求基準の合意
  3. サーチとロングリスト
  4. ショートリスト
  5. ターゲット企業の一次評価
  6. レポート提出
  7. Q&A コール
  8. 技術と事業の詳細評価支援・協業に向けてのアシスト

 

サービスの特徴

  • イントラリンクの海外ネットワークを活用
  • 積極的な調査をすることにより、競合企業が手を付ける前に発見する確率を高める
  • 客観性:VCとは異なり、投資をしていないので完全にクライアント企業の目線でサーチ
  • クライアント企業のニーズに合わせた正確な結界(一般企業データーベース形ではない)
  • VC、アクセラレータよりも広く網を張る
  • 接点がなくても積極的なアプローチをし、担当者との関係を築く
  • Web 公開データだけでなく、電話会議でより一層詳しいデータを収集
  • 現地(英語圏)でも日本語対応可能なスタッフの活用で言語の壁を越える
  • 情報取集だけではなく、事業化までの実践的サポート可能

現地のベンチャー視察

イントラリンクはクライアント企業、及びクライアント企業のお客様の現地訪問をサポートします。ご関心のある企業にアプローチをし、打ち合わせの調整をします。当日商談へ同行し、主要ポイントのメモ(議事録)を取ったり、ミーティングから最大限の結果を引き出せるようアシストをします。現地訪問後、会議メモを含めたレポートを提出します。

プロセス

  1. クライアント企業と現地プロジェクトチーム間のキックオフコール(電話会議)
  2. 企業リサーチとロングリスト作成
  3. ショートリスト候補企業を推薦(15〜20社程度)
  4. 中間確認コール(電話会議)
  5. ターゲット企業への連絡、評価、アポ取り
  6. 会議スケジュールの調整
  7. 事前打ち合わせ(電話会議)
  8. 当日同行、議事録を取り、ミーテイングの流れをアシスト
  9. 現地訪問後、会議メモを提出

 

サービス特徴

  • イントラリンクの海外ネットワークを活用
  • クライアント企業のニーズに合わせた結界(一般企業データーベース形ではない)
  • 接点がなくても積極的なアプローチをし、担当者との関係を築く
  • 現地(英語圏)でも日本語対応可能なスタッフの活用で言語の壁を越える
  • 出張の事前準備の負担を減少させ、出張の生産性向上

海外テクノロジー調査

海外のスタートアップとの事業連携が、オープンイノベーションをする上で最も重要な要素だと言われ、企業の焦点になりがちです。(特にパラダイムシフトが起こる先端技術の分野(AI, ブロックチェーン、クリーンエネルギーなど)ではこのような事例が特に多くなっています。)

しかし、事業連携のみだけでなく、より視野を広げて、政府機関、大学、規定者、大企業、投資会社の現状を把握し、全体層を理解していくことは、事業連携と同様に重要な要素の一つなのです。

イントラリンクのテクノロジー調査では、ベンチャー企業も視野にいれながら、視野を広く持ち、360度の視点から業界の最新情報や状況を徹底的に調査し、把握します。クライアント企業の興味のあるベンチャー企業はもちろん、業界の構造、規制上の動き、規格、協業提携の代表例、テクノロジー調査報告書を作りクライアント企業に報告します。また、クライアント独自のテクノロジーマップの作成も行います。

サービスの特徴

  • イントラリンクの海外ネットワーク、英国現地チームを活用
  • 現地(英語圏)の日本語対応可能なスタッフの活用で言語の壁を無効にする
  • 多角的な視点から、業界の最新情報や重要な情報を得ることが可能。
  • 海外での企業とスタートアップの協業連携の事例を参考にすることが可能
  • 海外の規制や規格を早めに把握することで、今後の日本市場に起こりうる影響を理解し、対策を取ることが可能。

海外アクセラレーター支援

大企業が協業連携を行う際、日本で近年主流になってきているのが、コーポレートアクセラレーターやピッチコンテストの開催によるスタートアップとの連携です。しかし、日本に比べ、大変数多く存在するのにもかかわらず、このようなコンテストは、日本のスタートアップ企業を対象にしていることが多いため、海外企業の目を中々引くことができません。

このような課題には幾つかの理由が考えられます。

  1. 海外のスタートアップ企業をマーケティングすることは難しい。
  2. 日本市場に興味を持っている海外のスタートアップ企業を見つけることが困難。
  3. スタートアップ企業との交流に不可欠な英語に対応できる人材の不足。

イントラリンクが長年かけて培った、海外のスタートアップ企業や日本の法人組織との経験、2ヶ国語が話せるスタッフによって、イントラリンクはすべての課題を解決することができます。

テクノロジースカウティングを通して、イントラリンクは、1.適切な技術を持っている会社2.日本企業と協力することに興味がある会社、を海外のスタートアップからたくさん見つけてくることができます。またイントラリンクは、バイリンガルのスタッフを通じて、海外スタートアップ企業との言語や文化の壁を乗り越える仲介人も必要に応じ、行っています。

プロセス(作業内容)

  1. 募集
  2. 応募社を選定
  3. コーチング・コンテスト開催までのサポート
  4. 当日対応

ベネフィット

  • クライアントのコーポレートアクセラレーターやピッチコンテストに新しい人材を雇わなくても、有望的な海外応募者を集めることが可能
  • プロジェクトの間は、海外スタートアップとの交渉を提供
  • イントラリンクはヨーロッパに英語の窓口を構えるだけでなく、日本語対応ができる、充実したインターワークを構築
  • プロジェクト限りの契約サービスなので、必要な時だけに使うことが可能

This web site uses cookies to provide the best experience. Please accept, or read our Cookie Policy.